Back to Index

Update: 2023-12-02

Table of Contents

WaveCymbal

WaveCymbalウェイブ シンバル は banded wave-guide という手法を用いてシンバルの音が鳴るはずだったシンセサイザです。実際のところはシンバルというよりも、アスファルトの上でトタン板や紐につないだ空き缶を引きずったときのような音が出ます。

full パッケージには次のビルドが含まれています。

Linux ビルドは Ubuntu 22.04 でビルドしています。もし Ubuntu 22.04 以外のディストリビューションを使っているときは、プラグインが読み込まれないなどの不具合が起こることがあります。この場合はビルド手順に沿ってソースコードからビルドしてください。

macOS で使用するときは macOS パッケージのダウンロードを推奨します。また Apple Developer Program に加入していないので、インストール時に Gatekeeper を迂回するように設定する必要があります。詳細は インストール -> macOS の節を参照してください。

連絡先

何かあれば GitHub のリポジトリに issue を作るか ryukau@gmail.com までお気軽にどうぞ。

paypal.me/ryukau から開発資金を投げ銭することもできます。現在の目標はよりよい macOS サポートのための M1 mac の購入資金を作ることです。 💸💻

インストール

プラグイン

名前が .vst3 で終わるディレクトリを OS ごとに決められた位置に配置してください。

DAW によっては上記とは別に VST3 をインストールできるディレクトリを提供していることがあります。詳しくは利用している DAW のマニュアルを参照してください。

プリセット

注意: プリセットの無いプラグインもあります。

プリセットはページの最上部のリンクからダウンロードできるプラグインパッケージに含まれています。以下はプリセットのインストール手順です。

  1. ページの最上部のリンクからプラグインをダウンロード。
  2. ダウンロードした zip ファイルを解凍。
  3. presets ディレクトリ内の Uhhyou ディレクトリを OS ごとに決められたディレクトリに配置。

以下は OS ごとのプリセットの配置先の一覧です。

プリセットディレクトリの名前はプラグインと同じである必要があります。配置先のディレクトリが無いときは作成してください。

Windows

プラグインが DAW に認識されないときは C++ redistributable をインストールしてみてください。インストーラは次のリンクからダウンロードできます。ファイル名は vc_redist.x64.exe です。

Linux

Ubuntu 22.04 では次のパッケージのインストールが必要です。

sudo apt install libxcb-cursor0  libxkbcommon-x11-0

もし DAW がプラグインを認識しないときは、下のリンクの Package Requirements を参考にして VST3 に必要なパッケージがすべてインストールされているか確認してください。

REAPER の Linux 版がプラグインを認識しないときは ~/.config/REAPER/reaper-vstplugins64.ini を削除して REAPER を再起動してみてください。

macOS

重要: full パッケージは動作未確認です。以下のファイルは codesign されていないので削除する必要があるかもしれません。

macOS パッケージでは上記のファイルの削除は不要です。また、すべてのパッケージは codesign コマンドの ad-hoc signing の状態になっています。

隔離の解除

プラグインの初回起動時に「破損している」という趣旨のメッセージが表示されることがあります。この場合は、ターミナルを開いて、解凍した .vst3 ディレクトリに次のコマンドのどちらか、あるいは両方を適用してみてください。 /path/to/PluginName.vst3 の部分はインストールしたプラグインのパスに置き換えてください。

xattr -rd com.apple.quarantine /path/to/PluginName.vst3
xattr -rc /path/to/PluginName.vst3

Gatekeeper の迂回

プラグインは署名されていない (unsigned) 、または公証されていない (un-notarized) アプリケーションとして認識されることがあります。この場合は、警告メッセージが表示された後に、システム環境設定を開いて「セキュリティとプライバシー」 → 「一般」の「このまま開く」ボタンを押してください。以下にリンクした Apple 公式のヘルプページにスクリーンショット付きで同じ手順が掲載されています。「ノータリゼーションを受けていない App や未確認の開発元の App を開きたい場合」を参照してください。

ここまでの手順を経てまだ動かないときはインストール先を /Library/Audio/Plug-ins/VST3/ あるいは /Users/$USERNAME/Library/Audio/Plug-ins/VST3/ のいずれか使っていなかったほうに変えてみてください。

上記の方法がすべて上手くいかなかったときは以下の手順を試してみてください。

  1. ターミナルを開いて sudo spctl --master-disable を実行。
  2. システム環境設定を開いて「セキュリティとプライバシー」 → 「一般」 → 「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」と辿り、「全てのアプリケーションを許可」を選択。

上記の手順を実行するとシステムのセキュリティが弱くなるので注意してください。元に戻すには以下の手順を実行してください。

  1. システム環境設定を開いて「セキュリティとプライバシー」 → 「一般」 → 「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」と辿り、「App Store と認証済みの開発元からのアプリケーションを許可」を選択。
  2. ターミナルを開いて sudo spctl --master-enable を実行。

codesign の適用

注意 この節の内容は macOS パッケージには関連しないと考えられますが未検証です。 (GitHub の issue)

full パッケージを利用する場合は以下のコマンドを適用することで利用できるかもしれません。

sudo codesign --force --deep -s - /path/to/PluginName.vst3

codesign の利用には Xcode のインストールが必要となるかもしれません。

参考リンク

GUI の見た目の設定

初回設定時は手動で次のファイルを作成してください。

プラグインのウィンドウを開くたびに style.json が読み込まれて更新されます。

既存の色のテーマを次のリンクに掲載しています。 style.json にコピペして使ってください。

style.json の設定例です。

{
  "fontFamily": "Tinos",
  "fontBold": true,
  "fontItalic": true,
  "foreground": "#000000",
  "foregroundButtonOn": "#000000",
  "foregroundInactive": "#8a8a8a",
  "background": "#ffffff",
  "boxBackground": "#ffffff",
  "border": "#000000",
  "borderCheckbox": "#000000",
  "borderLabel": "#000000",
  "unfocused": "#dddddd",
  "highlightMain": "#0ba4f1",
  "highlightAccent": "#13c136",
  "highlightButton": "#fcc04f",
  "highlightWarning": "#fc8080",
  "overlay": "#00000088",
  "overlayHighlight": "#00ff0033"
}

フォントオプション

以下はフォントオプションの一覧です。

カスタムフォントを使用するには、プラグインディレクトリの *.vst3/Contents/Resources/Fonts*.ttf ファイルを配置します。

注意: fontFamilyfontBoldfontItalic で設定したフォントファミリ名とスタイルの組み合わせが *.vst3/Contents/Resources/Fonts 以下のいずれかの *.ttf ファイルに含まれていないときは VSTGUI が指定するデフォルトフォントが使用されます。

fontFamily が長さ 0 の文字列 "" のときはフォールバックとして "Tinos" に設定されます。長さが 1 以上かつ、存在しないフォントファミリ名が指定されると VSTGUI が指定するデフォルトフォントが使用されます。

ボールドあるいはイタリック以外のスタイルは VSTGUI がサポートしていないので動作確認していません。該当する例としては Noto フォントの Demi Light や、 Roboto フォントの Thin や Black などがあります。

色のオプション

16 進数カラーコードを使っています。

プラグインはカラーコードの 1 文字目を無視します。よって ?102938\n11335577 も有効なカラーコードです。

2 文字目以降のカラーコードの値に 0-9a-f 以外の文字を使わないでください。

以下は設定できる色の一覧です。設定に抜けがあるとデフォルトの色が使われます。

操作

パラメータが割り当てられているコントロールの上で 右クリック すると、 DAW から提供されるコンテキストメニューが開きます。

つまみと数値スライダでは次の操作ができます。

注意

マウスカーソルを合わせたときに赤くハイライトされるパラメータは音量を大きく変えることができます。これらのパラメータは Shift + 左ドラッグを使ってゆっくりと変更することを推奨します。また突然の音割れを防ぐために、WaveCymbaの後には必ずリミッタをインサートすることを推奨します。

ブロック線図

図が小さいときはブラウザのショートカット Ctrl + マウスホイール や、右クリックから「画像だけを表示」などで拡大できます。

図で示されているのは大まかな信号の流れです。実装と厳密に対応しているわけではないので注意してください。

パラメータ

Gain

出力音量です。

Excitation

インパルスをトーンに変えるショートディレイです。

Feedback

エキサイタのショートディレイのフィードバックです。

Time

エキサイタのショートディレイのディレイ時間です。この値が大きくなると音量がとても大きくなるので注意してください。

Objects

nCymbal

シンバルの枚数を表現するはずだった値です。シンバルとは程遠い何らかのシミュレーションのオブジェクトが増えます。

nString

シンバル1枚あたりのシミュレーションの解像度を表現するはずだった値です。 Karplus-Strong アルゴリズムによる弦の数を変更できます。

Wave

1次元の波のシミュレーションです。

Damping

波のダンピングを変更します。この値が大きくなると音量がとても大きくなるので注意してください。

PulsePosition

オシレータの出力が波を起こす位置です。

PulseWidth

オシレータの出力によって起こされる波の幅です。

Collision

シンバルを衝突させてハイハットのような音になるはずでした。オンにすると軽い金属が擦れるようなノイズが出ます。 nCymbal が 1 のときは効果がありません。

Distance

シンバルの間隔です。左に回すほど間隔が狭くなるので、衝突の可能性が増えます。

Random

Seed

乱数のシード値です。 Retrigger にチェックを入れることで音を固定できます。

Amount

乱数の影響を調整します。この値が小さくなると音量がとても大きくなることがあるので注意してください。

String

MinHz

Karplus-Strong アルゴリズムによる弦の周波数の範囲の下限です。

MaxHz

Karplus-Strong アルゴリズムによる弦の周波数の範囲の上限です。

Decay

Karplus-Strong アルゴリズムによる弦の減衰の速さを調整します。左に回すほど減衰が遅くなります。

Q

バンドパスフィルタの Q 値(レゾナンス)です。右に回すほど Q が大きくなります。

Oscillator

Retrigger

チェックが入っているときはノートオンのたびに乱数シードをリセットします。

OscType

オシレータの種類です。

Bandpass Cutoff Distribution

バンドパスフィルタのカットオフ周波数の分布を変更します。

Smoothness

Gain, Excitation.Time, Random.Amount, Bandpass.MinCutoff, Bandpass.MaxCutoff を変更したときに、変更前の値から変更後の値に移行する時間(秒)です。 OscType.Sustain のスライドの長さも Smoothness で調整できます。

チェンジログ

旧バージョン

ライセンス

WaveCymbal のライセンスは GPLv3 です。 GPLv3 の詳細と、利用したライブラリのライセンスは次のリンクにまとめています。

リンクが切れているときは ryukau@gmail.com にメールを送ってください。

VST® について

VST is a trademark of Steinberg Media Technologies GmbH, registered in Europe and other countries.