Back to Index

Update: 2020-06-15

Table of Contents

SyncSawSynth

SyncSawSynthシンクソウシンセは10次までのPTR鋸歯波オシレータが使える32ボイスのポリフォニックシンセサイザです。主にハードシンクと周波数変調で電池が切れかけのおもちゃのような音を作る用途に向いています。もちろん普通の音も出ます。

パッケージには次のビルドが含まれています。

Mac を持っていないので、 macOS ビルドはテストできていません。もしバグを見つけたときは GitHub のリポジトリに issue を作るか、 ryukau@gmail.com までメールを送っていただければ対応します。

Linux ビルドは Ubuntu 18.0.4 でビルドしています。また Bitwig 3.1.2 と REAPER 6.03 で動作確認を行いました。 Bitwig 3.1.2 では GUI が真っ黒になるバグがあるようです。

インストール

プラグイン

名前が .vst3 で終わるディレクトリを OS ごとに決められた位置に配置してください。

DAW によっては上記とは別に VST3 をインストールできるディレクトリを提供していることがあります。詳しくは利用している DAW のマニュアルを参照してください。

プリセット

解凍して出てきたディレクトリを OS ごとに決められた位置に配置すると使えるようになります。

プリセットディレクトリの名前はプラグインと同じである必要があります。 Uhhyou ディレクトリが無いときは作成してください。

Windows

プラグインが DAW に認識されないときは C++ redistributable をインストールしてみてください。インストーラは次のリンクからダウンロードできます。ファイル名は vc_redist.x64.exe です。

Linux

Ubuntu 18.0.4 では次のパッケージのインストールが必要です。

sudo apt install libxcb-cursor0  libxkbcommon-x11-0

もし DAW がプラグインを認識しないときは、下のリンクの Package Requirements を参考にして VST3 に必要なパッケージがすべてインストールされているか確認してみてください。

REAPER の Linux 版がプラグインを認識しないときは ~/.config/REAPER/reaper-vstplugins64.ini を削除して REAPER を再起動してみてください。

色の設定

初回設定時は手動で次のファイルを作成してください。

既存の色のテーマを次のリンクに掲載しています。 style.json にコピペして使ってください。

style.json の設定例です。

{
  "fontPath": "",
  "foreground": "#ffffff",
  "foregroundButtonOn": "#000000",
  "foregroundInactive": "#8a8a8a",
  "background": "#353d3e",
  "boxBackground": "#000000",
  "border": "#808080",
  "borderCheckbox": "#808080",
  "unfocused": "#b8a65c",
  "highlightMain": "#368a94",
  "highlightAccent": "#2c8a58",
  "highlightButton": "#a77842",
  "highlightWarning": "#8742a7",
  "overlay": "#ffffff88",
  "overlayHighlight": "#00ff0033"
}

16 進数カラーコードを使っています。

プラグインはカラーコードの 1 文字目を無視します。よって ?102938\n11335577 も有効なカラーコードです。

2 文字目以降のカラーコードの値に 0-9a-f 以外の文字を使わないでください。

以下は設定できる色の一覧です。設定に抜けがあるとデフォルトの色が使われます。

操作

つまみとスライダーでは次の操作ができます。

操作できる箇所を右クリックすると DAW によって提供されているコンテキストメニューを開くことができます。

注意

アタックの長さによって音量エンベロープのピーク値が変わります。音量エンベロープのアタックが小さいとき、ピークは通常より少し高くなることがあります。

Dirty Filter にチェックを入れるとノートオンによってプチノイズが出ることがあります。

パラメータの組み合わせによっては直流信号が乗るときがあります。ディストーションなどをかけると面白い音になることがあるので、直流は切っていません。安全のためには SyncSawSynth の後にハイパスフィルタを通すことが望ましいです。またオシロスコープで出力を監視することをお勧めします。

ブロック線図

図が小さいときはブラウザのショートカット Ctrl + マウスホイール や、右クリックから「画像だけを表示」などで拡大できます。

図で示されているのは大まかな信号の流れです。実装と厳密に対応しているわけではないので注意してください。

用語について

SyncSawSynth のオシレータは内部に 2 つのオシレータを持っています。 1 つは波形生成のために使われ、もう 1 つはハードシンクをトリガするために使われています。ハードシンクに関する用語として、波形生成のためのオシレータのことをスレーブ、トリガに使われるオシレータのことをマスタと呼んでいます。

パラメータ

Osc

Gain

オシレータの音量。範囲は 0.0 から 1.0 。

Semi

オシレータのピッチ。範囲は -24.0 から 24.0 。単位は半音。

値は floor 関数で整数に丸められます。例えば 6.3 なら 6 、 -11.5 なら -12 になります。

Cent

オシレータのピッチ。範囲は -100.0 から 100.0 。単位はセント。

Sync と SyncType

Sync の値は SyncType の値によって意味が変わります。 Sync の値の範囲は 0.01 から 16.0 です。

SyncType は次の4つから選択できます。

Off を選ぶとマスタ周波数を 0 Hz にすることでハードシンクを無効にします。ただし ModulationOsc*->Sync1 が 0 より大きいときはマスタ位相が動くのでハードシンクがかかることがあります。 SyncTypeOff のときは、 Sync の値は使われません。

Ratio を選ぶと音程をマスタ周波数に使います。スレーブ周波数はマスタ周波数に Sync の値をかけ合わせた値になります。また Ratio のときだけ To Freq/Sync の変調先が入れ替わります。

Fixed-Master を選ぶと音程をスレーブ周波数に使います。マスタ周波数は Sync の値のみによって決まります。

Fixed-Slave を選ぶと音程をマスタ周波数に使います。スレーブ周波数は Sync の値のみによって決まります。

Fixed-MasterFixed-Slave で使われる Sync の値を周波数に変換する式は次の通りです。

frequency = 2 * Sync^3
OscType

オシレータの波形。

0 から 10 次までの PTR 鋸歯波オシレータとサイン波が選べます。

Phase

オシレータの位相。範囲は 0.0 から 1.0 。

Lock にチェックを入れるとノートオンのたびに位相がリセットされます。

Osc2Invert にチェックを入れると、 Osc2 の出力の正負の符号を変えることで位相を反転します。

Unison

チェックを入れるとノートごとに位相の異なる同じ高さの音を重ねます。CPU負荷も2倍になります。

Number of Voice

最大同時発音数。この値を減らすとCPU負荷を減らすことができます。

Modulation

Osc1->Sync1

Osc1 の出力による Osc1 のマスタ周波数の変調。範囲は 0.0 から 1.0 。

Osc1->Freq2

Osc1 の出力による Osc2 のスレーブ周波数の変調。範囲は 0.0 から 1.0 。

Osc2->Sync1

Osc2 の出力による Osc1 のマスタ周波数の変調。範囲は 0.0 から 1.0 。

Attack

変調用の AD エンベロープのアタック。範囲は 0.0 から 4.0 。単位は秒。

AD エンベロープの式です。

env(t) := t^a * exp(-b * t)

t: 時間。
a, b: 適当な定数。
Curve

変調用の AD エンベロープの特性。範囲は 1.0 から 96.0 。

Curve の値に応じてディケイの長さが決まります。

To Freq1 (AD エンベロープ)

AD エンベロープによる Osc1 のスレーブ周波数の変調。範囲は 0.0 から 16.0 。

To Sync1 (AD エンベロープ)

AD エンベロープによる Osc1 のマスタ周波数の変調。範囲は 0.0 から 16.0 。

To Freq2 (AD エンベロープ)

AD エンベロープによる Osc2 のスレーブ周波数の変調。範囲は 0.0 から 16.0 。

To Sync2 (AD エンベロープ)

AD エンベロープによる Osc2 のマスタ周波数の変調。範囲は 0.0 から 16.0 。

LFO

LFO の周波数。範囲は 0.01 から 20.0 。単位は Hz 。

NoiseMix

LFO とピンクノイズのミックスの比率。範囲は 0.0 から 1.0 。

値が 0.0 のときに LFO のみ、 1.0 のときにピンクノイズのみになります。

ピンクノイズによる変調はスパイクを生じることがあるので注意してください。スパイクを避けるには To Sync/Freq の値を 1.0 より小さく設定してください。スパイクは0dBを超えないようにクリップされています。

To Freq1 (LFO/ノイズ)

LFO/ノイズによる Osc1 のスレーブ周波数の変調。範囲は 0.0 から 16.0 。

To Sync1 (LFO/ノイズ)

LFO/ノイズによる Osc1 のマスタ周波数の変調。範囲は 0.0 から 16.0 。

To Freq2 (LFO/ノイズ)

LFO/ノイズによる Osc2 のスレーブ周波数の変調。範囲は 0.0 から 16.0 。

To Sync2 (LFO/ノイズ)

LFO/ノイズによる Osc2 のマスタ周波数の変調。範囲は 0.0 から 16.0 。

Gain

Gain

シンセサイザの出力音量。範囲は 0.0 から 1.0 。

A

音量エンベロープのアタックの長さ。範囲は 0.0001 から 16.0 。単位は秒。

D

音量エンベロープのディケイの長さ。範囲は 0.0001 から 16.0 。単位は秒。

S

音量エンベロープのサステインの大きさ。範囲は 0.0 から 1.0 。

R

音量エンベロープのリリースの長さ。範囲は 0.0001 から 16.0 。単位は秒。

Curve

音量エンベロープの特性。範囲は 0.0 から 1.0 。

素の音量エンベロープと tanh によって飽和させたエンベロープとを線形補間しています。

gainEnv(t) := expEnv(t) * (tanh(3 * Curve * expEnv(t)) - expEnv(t))

Filter

Cut

フィルタのカットオフ周波数。範囲は 20.0 から 20000.0 。単位は Hz 。

Res

2 次フィルタのレゾナンス。範囲は 0.001 から 1.0 。

値を最小にすると音量がかなり小さくなります。

Feed

フィルタセクションのフィードバック。範囲は 0.0 から 1.0 。

直列につないだ 4 つの 2 次フィルタの出力を 1 つ目のフィルタにフィードバックしています。

Sat

フィルタのサチュレーション。範囲は 0.01 から 8.0 。

フィードバックと入力を足し合わせた値をウェーブシェーパに入力するときにかけ合わせる値です。

filterIn = shaper(Sat * (input - Feed * filterOut))
Dirty Buffer

チェックを外すとノートオンのたびにフィルタのバッファをクリアします。

チェックを入れている間はノートオンのたびに音の始まりにプチノイズが乗ることがあります。

FilterType

フィルタの種類。

ShaperType

フィルタのサチュレーションに使うウェーブシェーパの種類。

HardClip(x) := clamp(x, -1.0, 1.0)
Tanh(x)     := tanh(x)
ShaperA(x)  := sin(2 * pi * x) / (1 + 10 * x * x)
ShaperB(x)  := 0.7439087749328765 * x^3 * exp(-abs(x))
A

フィルタエンベロープのアタックの長さ。範囲は 0.0001 から 16.0 。単位は秒。

D

フィルタエンベロープのディケイの長さ。範囲は 0.0001 から 16.0 。単位は秒。

S

フィルタエンベロープのサステインの大きさ。範囲は 0.0 から 1.0 。

R

フィルタエンベロープのリリースの長さ。範囲は 0.0001 から 16.0 。単位は秒。

To Cut

フィルタエンベロープによるカットオフ周波数の変調。範囲は -1.0 から 1.0 。

To Res

フィルタエンベロープによるレゾナンスの変調。範囲は 0.0 から 1.0 。

Key->Cut

ノートの MIDI ノート番号によるカットオフ周波数の変調。範囲は -1.0 から 1.0 。

Key->Feed

ノートの MIDI ノート番号によるフィードバックの変調。範囲は -1.0 から 1.0 。

チェンジログ

旧バージョン

ライセンス

SyncSawSynth のライセンスは GPLv3 です。 GPLv3 の詳細と、利用したライブラリのライセンスは次のリンクにまとめています。

リンクが切れているときは ryukau@gmail.com にメールを送ってください。

VST® について

VST is a trademark of Steinberg Media Technologies GmbH, registered in Europe and other countries.